知っておきたい保険の仕組み

保険とは、将来「何か」が起こって生じるかもしれない何らかの被害(リスク)に対し、その「何か」が発生する確率に見合った一定のお金をあらかじめ支払っておくことで、いざというときにいくらかのお金を負担してもらえる仕組みです。
貯蓄とは何が違うのかというと、貯蓄というのは個人が貯めたお金を個人だけで使うので、そこがまず違っています。


また当たり前のことですが、何かあったとき、貯めている以上のお金がどこからか支払われるということはありません。

たとえば貯蓄に支払ったお金が100万円であるならば、いざというときに自由になるお金も(利子をのぞいて)100万円なので、支払われるお金も当然(利子をのぞいて)上限100万円です。

今年、最も指示を集めたホワイトニングはリピートできる?|ホワイトニングで綺麗な歯のお得情報を用意いたしました。

ひるがえって保険の場合は、何人もの加入者がお金を払って万一の場合に備えた共有財産を用意しています。

今よりも歯が白くなる仕組み|ホワイトニングで綺麗な歯に関する予備知識が満載です。

一人一人の用意したお金が貯蓄と同じでも、人数の分だけ自由になるお金は巨額になっています。たとえば保険に支払ったお金が100万円であったとしても、30万円相当の被害には30万円が、200万円相当の被害には200万円が支払われます。


支払った以上に支払われる場合のお金は原則として共有財産の中から融通されます。100万円払って30万円しかもらえなかった人は、100万円払って200万円もらった人に比べ、不公平であると考えることもできます。
だから、実際の保険料は、何かある確率が高い人ほど支払う金額が高く、何事も起こらない可能性が高い人ほど安くなっています。

福沢諭吉が「一人の災難を大勢が分かち、わずかの金を捨てて大難を逃れる制度」と言い、ドイツの保険学者アルフレッド・マーネスが「万人は一人のために、一人は万人のために」と言ったように、そもそも保険は、相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度でした。


公的な保険については今でもその傾向が強いと言えますが、なかには国民年金のように、存続が危ぶまれているものもあります。民営の保険について言えば、公平さや個人のニーズを追求した結果、助け合いと言うよりは個人のためのものという傾向が強くなってきました。

こちらのホワイトニング 自宅が最近話題になっています。

何事もなく契約期間を終了した場合に一定の金額が支払われたり、支払った以上の金額が支払われることが確約された貯蓄型の保険などは、その表れと言えます。